2015年関東学生リーグ戦


2015年秋季関東リーグ戦 2部 男子


2部 5位6位決定戦 11月22日

VS中央大学

結果1-2 (前半0-1)

得点#2鮎瀬

 

 2部リーグ2勝目と5位を狙って戦った一戦は、早々と先制点を許して横市が追いかける展開になった。チャンスは何度も作ることはできてはいたが、中々ゴールを奪うことができない。前半終了間際にはラフプレーからイエローカードをもらうなど決して満足いく前半ではなかった。後半に入っても横市が押す展開は続いていき、44分に鮎瀬のフリックから振り出しに戻すことに成功した。その後グリーンカードを何枚かもらうなど人数的には劣勢に立たされていたが、何度も相手陣地に攻め入った。しかしゴールを割ることはできず、逆にラストワンプレーのPCを中央に決められて敗戦してしまいました。

 この結果を受けて、今期の横市は6位でフィニッシュとなりました。何度も会場に足を運んで応援をしてくださった、OBの皆様、女子部の皆様、保護者の皆様ありがとうございました。皆様の応援は私たちの力になり、最後まで戦い抜くことができました。

 来季は、今季できたこと、できなかったことを整理して更なる飛躍を目指して頑張りたいと思います。


2部 11月14日

vs防衛大学

結果2-1○ (前半2-0)

得点#2鮎瀬×2

 

ついに2部リーグ初勝利を果たすことができました。それと同時に来季の2部リーグ残留が確定しました。

初勝利を果たすまでの試合の流れは次の通りです。

前半開始早々横市が防衛を押し込みPCを獲得する。それを#2鮎瀬がしっかりと決め切り先制点を挙げました。そのあとは相手に攻め込まれることはありましたが多くは横市主導でゲームが進められていきました。いい流れを生かす形で追加点を再びPCから得ることができました。

後半は一転防衛が攻める時間帯が増えてきました。後半20分ごろにはPCから1点を返されてしまいました。流れから押し切られそうになりましたが、何とか耐え、ラスト5分は逆に攻め込み勝ちきることができました。

OBの皆様や応援に駆け付けてくださった皆様ありがとうございました。大変長らくお待たせいたしました、やっと初勝利の報告をさせていただくことができました。しかし、リーグ戦はまだ続きます。初勝利に浮かれることなく次戦もしっかり勝って2部5位を目指したいと思います。応援よろしくお願いいたします。


2部 10/11(日)

vs武蔵

結果0-4● (前半0-2)

 雨が降りしきる中、武蔵大学との重要な一戦は行われました。

 試合開始とともに武蔵に攻め込まれました。鮎瀬、福井を中心に何度か決定機を阻止しましたが、前半は特に見せ場のない中2点を失いました。後半は何とか立て直そうとしましたが、前半同様、攻める武蔵、守る横市の構図は変わることなく、2点追加点を奪われ0-4で敗戦してしまいました。

 雨の中応援に来てくださった皆様ありがとうございました。すっきりしない試合内容でもやもやされたと思います。僕たちも春との違いを見せられず悔しい思いをしています。しかし、予選リーグは春よりも1つ順位を上げて3位で終えることができました。勝利こそありませんが、小さな成果としてプラスに受け止め、次戦こそ初勝利を目指したいと思います。


2部 9/19(土)

vs一橋

結果0-2● (前半0-0)

 戦前から厳しいと予想される相手でしたので、対策をしっかり行ってこの一戦は挑みました。ポイントは切り替えとしていました。前半は、夏のトレーニングの成果が出ていてしっかり切り替えて走りきることができ、守るだけでなくいくつかチャンスを作ることもできていました。ここ何試合かで課題となっている後半は徐々に足が止まる選手も出てきて押し込まれる展開が多くなり、終盤に立て続けに2失点してしまい完敗でした。

 次戦までに女子部と同様に1か月近く空くので、個人の力の向上、チームプレーの精度を高めて挑みたいと思います。

 本日応援してくださった、OBの皆様、女子部の皆様ありがとうございました。

 

 


2部 9月6日(日)

VS成城

結果2-2(前半0-0)

得点者  #2鮎瀬(アシスト#8森)、#7福井(アシスト#8森)

 

 暑くもなく、寒くもないちょうどいい天候の中、2015年の秋季リーグが開幕しました。2年前入れ替え戦で対戦した以来の成城が相手でした。

 合宿を通して力をつけ楽しみにしていた一戦は、激しい攻防から始まりました。前半成城にたて続きにチャンスを作られてしまいますが、GK根城を中心にしのぎます。そのあと、竹内から田邊への打ち込みからPCを獲得するなどこちらも負けずと攻撃しますが得点は奪えませんでした。

 後半は高い位置からのプレスが効き横市が押す展開が続きついにPCから鮎瀬のフリックが決まり先制に成功します。しかし、そのあと成城のPCから点を取られ振り出しに戻されてしまいました。このまま引き分けかと思っていましたが福井のヒットが決まり後半30分に勝ち越しました。しかし、気持ちに油断が生まれ33分にまたもPCから得点を奪われ、引き分けに終わりました。

 2部初勝利に手が届くかと思われましたが、勝ちを意識しすぎたせいか油断が生まれ歯がゆい結果になってしまいました。応援に来てくださったOBの方々にはまたも期待した結果を届けられず申し訳ありませんでした。しかし、春からパワーアップしたところは見てもらえたと思います。次戦は強豪の一橋戦ですが、継続してトレーニングしていければいい勝負ができると思っています。このたびは応援ありがとうございました。次戦もよろしくお願いいたします。


2015年秋季関東リーグ戦 2部 女子


2部 11月14日

vs津田塾大学

結果2-2(1-1)、SO(3-4) 惜敗

得点:#21勝又、#13中尾

SO:#4扇喜   ×

     #13中尾 ◯

     #16立花 ◯

     #7塚田   ◯

     #21勝又  ×

この結果より、女子2部4位が決定致しました。そして、この日を持ちまして4年生が引退となりました。

試合は津田塾に先制され、自分達のミスを突かれゴールを狙われるなど焦りの中で時間が過ぎていってしまいました。

前半にSCで#21勝又のハイプッシュで1点を返すものの追加点は奪うことができずに1-1で前半を終えます。

後半もSCから#13がヒットシュートも決め2点目を獲得しますが、試合終盤にゴール前にこぼれたボールを押し込まれ同点となってしまいます。

そのまま試合終了となり、先週の学習院戦と同じくSOとなりました。

今回も前回と同じメンバー、同じ順番で挑み、キーパーは4年生の#1猪俣が努めました。

 一番手#4扇喜はキーパーを振り切るもシュートが決まりきらず得点を逃しました。しかし、そこから#13中尾、#16立花、#7塚田と得点を確実に決めます。そして、キャプテンの#21勝又がアンカーを任され、学習院でも外したSOのリベンジとなりましたが、キーパーに阻まれ得点はなりませんでした。

 SOで負けたことよりも、それまでに決着をつけれなかった時点で良い内容とは言い切れないところがあります。

しかし、この秋で課題となっていたSCからの得点を達成するすることができたのはチームとして成果だと思います。

応援してくださった方々に結果で恩返しをすることができず申し訳ない気持ちでいっぱいです。また、4年生の最後を勝利で飾ることができなくて情けないです。

このチームは終わってしまいますが、3年以下はこの結果を受け止め来季に繋げてくれると思います。

この1年間応援してくださった、八景会の皆様、卒業生の皆様、保護者の皆様に感謝申し上げます。

引き続き、横浜市立大学男子•女子グランドホッケー部のご指導、ご声援よろしくお願い致します。


2部 11月8日

vs学習院大学

結果2-2(0-1)SO(2-3) 惜敗

得点:#19田中,#7塚田

SO:#13中尾  ×

   #4扇喜    ×

   #16立花  ○

     #7塚田  ○

     #21勝又  ×

 

この惜敗により、入れ替え戦への道が絶たれる結果となりました。

目標としていた一部昇格を達成することができなくなってしまいました。

しかし、全員が全力をだしての結果です。

試合は、前半に1失点、後半にも1失点。2点を追う形で後半の60分が過ぎたころ、左からのセンタリングに#19田中が合わせて1点を奪い返しました。この1点で流れが横市へと変わり、後半のラスト5分を切ったころ、#21勝又が打ったボールがキーパーの前にこぼれ#7塚田が押し込み同点ゴール。

この勢いでもう1点いけると思ったところで時間がきてしまいました。両チームとも最後の5分はフィールドもベンチも一体となり声を出し盛り上がっていたため、試合終了のホーンが聞こえないくらいでした。

延長戦はないため直後にSOがスタート。この日キーパーを任された#23鈴木が2本を止める大健闘を見せるが、横市は3人が失敗し悔しい結果となりました。

あと一歩ではありましたが、追い詰められた状況であきらめずに奪った2点には意味があると思いますし、SOまで持ち越せたのも全員の気持ちが学習院を超えたからだと思います。

しかし、まだ秋リーグは終わっていないので、勝って笑顔で4年生を送り出せるように残りの1週間をやりきりたいと思います。

 八景会の皆さん、男子部の皆さん、保護者の方々、雨の中たくさんの応援ありがとうございました。

来週の試合はこの1年の思いをすべてぶつけたいと思います。

応援よろしくお願いいたします。


2部 10月24日

vs成城大学

結果0-1

 

本日の結果より、Bプール2位通過が決定致しました。

相手の丁寧な展開からの速攻やリズムあるパスワークに苦しめられ、守りを強いられる時間が多くありました。そんな中でも粘り強いDFで何度もピンチをしのぎ、数少ないチャンスも全員で攻め上がりましたが1点を奪うことができませんでした。

SCも今までの試合とは打って変わって取ることができず、得点への壁は高かったなと感じました。

しかし、前回の試合に続き、怪我による主力メンバーの不足の中で失点を1点に抑えられたことを自信にし、次へとつなげたいと思います。

本日は、八景会の皆さん、男子部、保護者の方々、たくさんの応援ありがとうございました。

次の試合に勝てば入れ替え戦への切符を手にする事ができます。相手は1部から落ちてきたチームで、技術・体力共にレベルが高いです。簡単な試合ではありませんが4年生の為にもすべてを出し切ります。応援よろしくお願いします。


2部 10月18日

vs防衛大学校

結果2-0 (前半0-0)

【得点者】

#3 橋本、#13中尾(PS)

 

本日の試合に勝ったことで、Bプール上位に入ることが確定しました。

試合前の週で副将の富山が指を骨折するなど、その他上級生の負傷者が目立ち、1年生の力を借りながら迎えた試合となりました。

前半には体力をキープするためラインは引き気味にカウンターを狙い、一方後半は全体のラインを上げて積極的に高い位置でプレッシャーをかけるという戦略で臨みました。

そのため、前半はせっかくのSCのチャンスを活かせず0点で折り返しましたが、後半の半分でなんとか一点をもぎ取ることができました。また試合終了直前に#13がPSを決め2-0という結果になりました。 

八景会のみなさん、男子部のみなさんたくさんの応援ありがとうございました。

来週の試合はリーグ戦最後の試合となります。

リーグ戦無失点・全勝に向け気を引き締めて練習します。

応援よろしくお願い致します。


2部 9月19日(土)

vs東海大学

結果7-0(前半3-0)

【得点者】

前半:#21勝又、#3橋本、#13中尾

後半:#13中尾(2点)、#21勝又(2点)

 

本日、リーグ2戦目も大量得点で勝利を収めることができました。

前半の開始早々5分に、#13中尾のセンタリングに#21勝又が反応し得点を獲得。課題としていたタッチシュートでの得点により、いい試合の流れを作ることができました。前半の終了前の10分間で2点の追加点を決め、前半を3-0で折り返しました。

後半も開始5分で#13中尾がシュートを決め、その後は約10分おきに得点を重ね、結果は7-0の快勝となりました。しかし、攻めのPCを前半と後半合わせて10本獲得したのにかかわらず、点に繋がったのは1本であったため、今後の試合でPCを確実に強みにしていくという課題と、攻めた後に隙を突かれカウンターを食らうという痛い形を連発されないDFをするという課題がみえました。

また、4年生のキーパーが足を負傷していたため、この夏からキーパーに抜擢された1年生の#23鈴木が無失点で抑える大健闘を見せるとともに、#13中尾#21勝又がともにハットトリック決めるなど、この良い流れを次以降の試合にも繋げていきたいと思います。

 次戦まで一ヶ月ほど空くので、基礎を見直し、プレーの精度を上げていけるよう準備していきます。 

 八景会・OGOBの皆さん、保護者の方々、男子部の皆さん、本日もたくさんの応援ありがとうございました。引き続きよろしくお願い致します。


2部 9月12日(土)

vs東京女子大学

結果5-0(前半1-0)

【得点者】

前半:#21勝又

後半:#13中尾(3点)、#21勝又

 

台風が去り、夏日のような暑さが戻ってきた中での試合となりました。

前半は相手陣地でプレーする時間が長いものの得点のペースが作れず、想像していたのとは異なる苦しい展開となりました。しかし、後半は気持ちを切り替え、思うように試合展開ができなくても焦らず攻め続けた結果4点を勝ち越すことが出来ました。

一方で、簡単な自分たちのミスからピンチを招くなどつめの甘いシーンも見受けられるとともに、決定力の低さに課題が見える試合となりました。 

リーグはまだまだこれからなので、この夏で練習してきたことに自信を持って全員で積極的なホッケーが出来るようにしていきたいと思います。 

八景会のみなさん、OGOBのみなさん、応援ありがとうございました。

リーグ残りの3戦も応援よろしくお願い致します。


2015年春季関東リーグ戦 2部 男子


2部3部入れ替え戦6月21日(日)

vs東海大学

結果3-0(前半1-0)

得点者 #10竹内 2点 #8森 1点

 

負けると3部降格という意地でも負けられない試合であった。

試合は前半から横市が優勢に進めていた。得点も竹内の見事なタッチで取り流れをしっかりつかんでいた。後半に入って少しミスから流れを引き渡す時間が多くなったが、相手の一瞬の隙から竹内の2点目、森の3点目をとり、理想的な試合展開で今季初勝利を手にした。

応援していただいたOB・OG、そして女子部の皆様にやっといい報告ができました。しかし、あくまでギリギリのところで勝ったにすぎません。来季こそ2部4強に入れるように夏の練習で一回りも二回りも成長したいと思います。

最後に今季応援してくださったOB・OG、女子部の皆様本当にありがとうございました。来季も引き続き応援よろしくお願いいたします。


2部 6月14日(日)

vs中央大学 ●1-1 SO 0-2

 

 負ければ3部との入れ替え戦へと突入するという一戦が中央大学と行われた。横市は森のポジションをCHへとさげるなど多少のポジションチェンジをし臨んだ。

 前半はこれまでと違い、押せ押せのムードで中央よりも多くのチャンスを作る。森のポジションを下げたことで中盤が安定しFWの動きや他の中盤の動きが活性化し縦に速い、これまでやろうとしていたホッケーを表現できた。前半に訪れた得点シーンも狙い通りであった。相手がロングコーナーでボールを下げたところを森が相手のFBからインターセプトし、そのまま自陣深くからドリブルで攻め上がりシュート、こぼれを竹内が拾ってゴールを決めるというカウンターからであった。

 しかし、後半は前半とは全く別のチームであった。勝ちを意識したのかわからないがパスが雑になりじわじわ相手の時間が増えていった。何度かあったピンチはギリギリのところで防いだのだが、最終的にPCから失点をしてしまう。そのあとは一進一退の攻防が続いたが70分では決着がつかずSOへ突入した。

 SOでは、選ばれた6人がチームの責任を持って必死に戦ってくれたが及ばず、敗退してしまった。

 ぐずついた天候の中、応援に来てくださったOBOGの皆様ありがとうございました。今度こそ2部初勝利の報告をお届けできると思われたのですが、力不足でした。十分に戦える力はあった、むしろ上回っていたという中での敗戦、どこかチームとして大切なところで戦えていなかったのではないかと感じざるを得ません。次回は最終戦となります。全力で戦っていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。


2部 6月7日(日)

vs武蔵大学 ●0-2

 

 防衛戦から1週間空けて、武蔵とのたすきがけ戦に臨むことになった。前回と違いとにかく勝てばいいということで得失点を気にせず戦える一戦であった。

 試合は前半から押し込まれる展開が続いた。しかし、粘り強い守りで前半は0-0で終えた。

 後半も押し込まれる展開が続き、早い時間に失点をしてしまう。こうなると守ってばかりではいられなくなるのだが、横市の攻撃はサークルに行く前に武蔵のディフェンスに合いなかなか決定的なチャンスが作れない。逆に武蔵はPCから追加点を奪う。後がなくなった横市はキーパーをベンチに下げ、フィールダー11人で必死に戦うもそのままゲームセット。

 朝早くから応援に来てくださったOBの皆様ありがとうございました。この後女子部の試合にも行かれた方もいて、OBの皆様の心強さを感じました。今回負けたことで7位8位決定戦を行うこととなります。ここで勝てなければ2部3部入れ替え戦を迎えなければなりません。今期の試合に見に来てくださった方のためにも、勝利の報告を何としても届けたいと思います。来週も応援よろしくお願いいたします。


2部 5月31日

vs防衛大学

結果1-2

得点者#10竹内(アシスト#2鮎瀬)

 

 この試合は、3-0の勝利で上位グループに入ることができるという厳しい条件のもと迎える試合でした。2部上位グループは今期の私たちの目標でしたので絶対に達成する必要がありました。しかし、前半早々に防衛の得意な形から失点してしまい上位グループに入るための条件がさらに厳しくなりました。その後、防衛の激しいディフェンスに苦しめられるものの何とか耐え、逆に前半の終了間際にPCから鮎瀬のフリックから竹内のタッチが決まり1-1で前半を終えました。

 後半は、最初から押し込まれる展開が続き、最終的に1点を取られ1-2とされてしまいました。しかし、そこから竹内の突破やPSなど決定的なチャンスを作るものの得点はとれず、タイムアップ。1-2で試合を終えました。2部Aグループ4位が確定し、これからは下位リーグで戦うこととなりました。暑い中、応援来てくださったOBの皆様、女子部の皆様本当にありがとうございました。次戦より順位を決める戦いになります。2部初勝利を報告できるよう頑張りたいと思います。

 


2部 4月26日(日)

vs立教大学 2-2△

前半1-1

後半1-1

【得点者】

前半#2鮎瀬 アシスト#4青島

半 #2鮎瀬 アシスト#8森

 

 前回の東大戦とは打って変わって快晴の中迎えた立教戦でした。前半は初っ端から立教に押し込まれ、その勢いにのまれる形でショートコーナーから見事なタッチシュートを決められいきなり追う展開となりました。しかし、直後に森、竹内、村瀬で大きなチャンスを作りチームを盛り立てます。その後やや押し込まれながらもしっかりチャンスを作り獲得したショートコーナーから鮎瀬のシュートで同点に追いつき、前半を終えます。

 後半開始5分もしないうちに、ショートコーナーから再び鮎瀬のフリックで2-1と立教を突き放すことに成功。しかし、立教の猛攻にさらされ福井・鮎瀬を中心に粘りの守備を見せますが、終了間際に16yのフリーヒットを狙われ、カウンターをくらい失点してしまい、2-2で試合を終えました。

 森からのコメントです。

 本日は汗がにじみ出るような初夏の暑さの天候の中、応援に来ていただいた多くのOBの皆様本当にありがとうございました。皆様の声援に後押しされ、2部で初の勝ち点を取ることができました。しかし、あと少しの集中力が持続できれば、初勝利を得られた試合でもありました。その点についてはきちんと反省し、次戦の防衛戦ではきちんと勝ちきり、2部の上位リーグへの進出を決めたいと思います。そのためにもぜひ皆様の応援が必要になりますので、よろしくお願いいたします。


2部 4月5日(日) vs東大

結果0-2●

 2部昇格後初の試合が本日明治八幡山グランドにて行われました。格上の相手ということで非常に厳しい戦いを想定して挑みました。前半はそれが功を奏してか相手の猛攻にさらされながらも集中力を切らさずに0-0で終えました。

 しかし後半、一瞬の隙から1点奪われ、ちょっとした連係ミスから2点目を奪われそのまま試合を終えました。

 キャプテン森からのコメントです。

「雨の降りしきる中応援に来てくださった、今井さん、北川さん、茅野さん、赤堀さん、平山さんありがとうございました。試合に関しての感想ですが、DF面においては一定の手ごたえを感じています。攻撃に関しては劣勢の中でも得点が取れる形をもっと追究していく必要があるので、ビデオをみて反省し次につなげたいと思います。東大のようなチームに勝つには、チーム一丸となってどこまで上の世界を見れるか、そして魅せられるかだと思います。」 


2015年春季関東リーグ戦 2部 女子


2部 6月14日(日)

vs上智大学

結果1-0(前半1-0)

【得点者】

前半 #13 中尾

 

プール戦で1度戦った上智とは、今回で二度目の戦いであった。そのため、3-0で勝った点数を上回ることを目標に挑んだが、2点及ばなかった。

前半から攻める流れを掴むものの、なかなか決定的なチャンスをつかめない。前半の半分で、自陣の25㍎で守りを固めるなか相手のミスを#13中尾がつき、ドリブルでサークルイン、キーパーをかわしてシュートを決める。先制した状態で、前半を折り返す。

後半は、裏のスペースを使って相手のリズムを崩し、また、ショートコーナーを何度も獲得するものの相手の粘りに阻まれる。DFラインから攻めを組み立てていくが追加点を奪うことはできず試合終了となった。

上智とのプール戦では3-0で勝利したため、得点面で前回を上回ることはできませんでしたが、全員が気持ちを全面に出して戦えたと思います。

先週の順位決定予選で東京大学に負けてしまいましたが、この一週間で全員がやるべきことを全うした結果が勝利できたのだと思います。

八景会のみなさん、OGOBのみなさん、男子部、たくさん方々の応援ありがとうございました。

春季リーグ最後試合は秋季の始まりでもあります。新たな気持ちで再出発しますので、引き続きご指導よろしくお願い致します。


2部 6月7日(日)

vs東京大学

結果1-2(前半1-1)

 【得点者】

前半 #4扇喜みまり

 

 今日の試合は、勝てば入れ替え戦への権利を得る試合であった。試合の流れは終始攻めて守っての苦しい展開で、東大はたくさんいる控えの選手を頻繁に交代させることで体力を温存させて臨んできた。試合が動いたのは前半約20分、DFラインでのパスミスとつかれ失点。しかし、その5分後#16立花がドリブルでサークルインし、キーパー前にこぼれた球を#4扇喜が決めて同点となる。

後半も攻防が続くが、徐々に東大の体力に足がついていかなくなる。後半20分サークル付近で粘ったが、勢いを止められず追加点を許してしまう。得点を取り返すことが出来ないまま試合終了。 

1点とはいえ、東大との差を感じさせられる試合となりました。一部への道は絶たれてしまったが、気持ちを切り替えてすべてを次の試合にぶつけたいと思います。 

本日もたくさんのOBさん、OGさんが、応援に来てくださいました。ありがとうございました。最後の一試合も全力で戦いますので、応援よろしくお願い致します。 


2部  5月10日(日)

vs津田塾大学

結果1-0

 【得点者】

前半 #4扇喜みまり(アシスト#13中尾知里)

 

 今年の春に、津田塾大学さんとは合同合宿を行っていたため、お互い研究された状態で迎える試合となった。

 前半の約15分でショートコーナーのチャンスを得る。中尾が打ち込んだ球に扇喜が反応し、早めの段階で先制点を奪うことができたが、得点のいい流れを活かせないまま前半を折り返す。

 後半は前半に比べ攻める時間帯が長かったが、パスをつないでも点を決めるところまで行くことができない。結果的には追加点を取ることができず試合終了となった。

 流れは横浜市立にあったものの、自分たちのパスミスからピンチを誘ったり、シュートを決めきれないなど基礎力の欠如を痛感した試合であった。

 今日の試合で1位通過が確定したので、気を新たに入れ替え戦出場に向けて準備していきたいと思います。

本日もたくさんのOBさんOGさん、保護者の方々、男子部が応援にきてくださいました。本当にありがとうございました。


2部  5月3日(日)

vs上智大学

結果3-0

前半1-0

後半2-0

【得点者】

前半 #20高木麻衣

後半 #9芦澤ゆりの(アシスト#13中尾知里)、#8渡辺友梨(アシスト#11石井千晶)

 

 上智大学は試合開始の瞬間から勢いがあり、ベンチや応援席からの声出しの気迫に飲まれそうになりつつ試合はスタートした。お互いに攻めて守っての攻防が続く中で、徐々に私たちもペースを作り、前半の半分過ぎた頃、高木がドリブルでサークル内に持ち込みそのままシュート。これが決まり1-0で前半を折り返した。

 後半開始直後に中尾がドリブルで運び、打ち込んだシュートに芦澤が反応しタッチシュートが決まる。この一点で流れをつかみ、相手コートでプレーする時間の前半に比べて増えた。またショートコーナーでこぼれた球を石井が拾い、そのパスに渡辺が合わせて追加点を得え3-0で試合終了となった。

 しかし、後半の最後は怪我で選手の入れ替えが多く、万全な状態で戦いきることができなかった。来週の最後のプール戦に合わせて、最高のコンディションで挑めるよう準備したい。

本日もOGOBの方々、保護者の方々が遠いところまで足を運び応援に来てくださいました。本当にありがとうございました。

 


2部  4月18日(土)

vs東京女子大学

結果5-0

前半4-0

後半1-0

【得点者】

前半#7 塚田瑞稀(3点)

#3 橋本奈楠子

後半#13 中尾知里

 

前半開始から相手コートでプレーする時間が長く、開始8分で塚田のシュートで先制、その後ゴール前でのシュート意識を持ち続けた塚田のシュートが2点決まる。また、前半の残りわずかのところでPCからのこぼれ球を橋本が決める。

後半も相手に比べて攻めている時間が長いものの、点決めるところまで行かず思い通りに試合が続かない。そんな中、中尾がフィールドゴールを決め、流れに勢いがついたが追加点を奪うことが出来ずに試合終了となった。

 前戦は引き分けでしたが、今回は勝利を収めることが出来、勝ち点を得ることが出来た点はよかったと考えます。今回の試合から得た、攻守の課題に取り組み、残りのリーグ戦2試合で結果を残せるよう努めます。 

本日は八景会からたくさんのOBさんOGさんが来てくださいました。熱い応援ありがとうございました。


2部 4月5日(日)vs東海大学

結果1-1

 

前半0-1

後半1-1

【得点者】

#21勝又(pcこぼれ球)

 

オープン参加の東海大学であったが現役OGともに技術力は高く、攻めてはいたもののDFの隙をつかれ失点。そして、点を取り返せないまま前半終了。

後半、ショートコーナーで勝又がこぼれ球を押し込み同点となる。その後、何度もサークルインをするがチャンスをことごとく逃し、引き分けという惜しい試合となった。

新チーム初公式戦を白星で飾ることはできませんでしたが、次に繋がる試合になったと感じています。

チームとしてもまだまだですが、試合を重ねる中で全員で成長できるよう努めていきたいと思います。

八景会から仙崎様、OGの方々が来てくださいました。朝早い試合にも関わらず応援に来てくださりありがとうございました。


2014年以前の観戦


ダウンロード
2014年以前の観戦
2014年以前の観戦.pdf
PDFファイル 287.5 KB