2024年関東学生春季リーグ戦                                                                                   新生横浜市立大学グランドホッケー部は本年度目標に向けてリーグ戦一丸となって頑張っています。OB・OGのみなさんの応援よろしくお願いいたします!



男子3部戦績     (現役記載)


第四戦5月12日(日)11:20 対成城大学@早稲田東伏見



第三戦5月3日(金)9:30 対専修大学@早稲田東伏見


専修大戦

 

第1Q

試合開始直後から両者の攻防が続く。12分#6竹田のヒットがサークルまで通り、#17池原がプッシュシュートを狙うが、相手GKにより阻止されてしまう。その後も両チーム攻めて守っての展開が続き、大きな動きはなく第1Qは終了。

 

第2Q

横市が攻める試合展開が増え12分DFのボール回しを相手のFWにカットされ、ゴール前でキーパーと1VS1の状況を作るが、GK奥山が好セーブを見せ失点を免れる。その後攻められる展開に持ち込まれるがDFの懸命な守りによって失点を免れ第2Q終了。

 

第3Q

このクウォーターも両者攻めて守っての展開が続が、11分横市が1回目のPCを獲得する。#6竹田のリバースヒットが相手ゴールを揺らすが、アップと判定され得点には至らなかった。

第3Q終了直前、横市が2回目のPCを獲得する。しかし相手一番機のディスフェスによってシュートに至らずそのまま第3Q終了。

 

第4Q

クウォーター開始から横市攻めの時間が多くなる。 7分専修に1回目のPC獲得を許すが、GKとDFの堅い守りにより無失点に抑える。その後両者の攻防が続くが、12分横市が3回目のPCを獲得するしかし#6竹田のヒットシュートがゴール枠外に外れ、得点には至らない。

その後も両者とも主導権を譲らない攻防が続いたが、0-0のまま試合終了。

 

今回は絶対に勝たなければいけなかった試合で負けてしまったのは、攻撃面で様々な精彩をかいたからだといえる。攻めの時間を多く作り、PCを3回目奪ったのにも関わらず得点に至らなかったのを反省に次戦に臨みたい。いまだ今大会無失点のディスフェス陣をなんとかして救いたいところだ。

次節の成城戦は引き分け以上でないと優勝決定戦に進めないので、なんとしても強い執念で勝利を掴みたい。

 

最後になりましたが、暑くなってきた季節に会場に足を運んでくださったOB様方、温かいご声援ありがとうございました。また、遠くから応援してくださっているOB様方、関係者様方も応援ありがとうございました。

点を取れるチーム作りを目指していきます。今後もご声援のほどよろしくお願いいたします。


第二戦4月29日(月)12:00 対筑波大学@大井サブ


筑波大戦

 

第1Q

横市ボールから試合が開始します。試合序盤はお互いに回し合い、様子を見る展開となります。そのままお互いシュートのない状態で試合が続きますが、7分筑波大にPCを与えてしまいます。これをDFGKの好プレーにより守り切ります。しかし、このPCから筑波が試合を優位に進めていきます。横市も#6竹田を中心にビルドアップを計りますが、チャンスを生み出せず。終了間際には、PSを与えてしまいますが、これをGK奥山が好セーブ、

失点は免れます。

第2Q

開始早々にPCを与えてしまいますが、これもGK奥山がセーブ。攻撃に転じたい横市ですが、防戦一方を強いられる展開となります。クリアにも大雑把さが目立ち、中盤でボールを回収されてしまう場面が多くなります。必死のDFでシュートを打たれることこそ少ないものの、サークル内に侵入され、11分にもPCを与えてしまいます。底もしのぎきり前半は終了。

第3Q

変わらず筑波優位の状況は続きますが、横市はSBから積極的にボールを前線へ供給しラインの押し上げを図ります。それにより攻め込まれる展開は減るものの、シュートチャンスまでには至らず、両者シュートの無いまま第3Qは終了。

第4Q

3分にPCを与えてしまいますが、GK奥山がまたしても好セーブを見せます。筑波の攻勢に終始苦しめられますが、横市は粘り続けます。9分にはマークを外れた相手FWによりGKとの一対一の状況が生まれますが、GK奥山がしのぎます。10分には#4知花がグリーンカードにより退場、数的不利により苦しい状況が続きますがしのぎきり終了間近に与えたPCも防ぎきりそのまま試合終了。

 

 

今節は防戦一方の苦しい試合でしたが、横市は最後まで粘りきる展開となりました。理想の攻撃展開ができず、曖昧なクリアで終始相手にボールを与えてしまった点で、大きく改善する必要があるように感じました。次節の専修大戦では、なんとしても勝ち点3が必要になってくるため、今節で痛感した攻撃面での組み立てについて残り準備期間は短いではありますが改善を図りたいところです。次節では皆様に得点のある試合内容をお届けできるよう励みますので、応援のほどよろしくお願いします。


第一戦 4月20日(土)11:50 対群馬大学@大井メイン


群馬大戦 3-0 勝利

第1Q

群馬大ボールから試合開始。横市は積極的にプレスを仕掛け、序盤から試合の流れをつかみます。3分には#10岡部の打ち込みにサークル内で構えた#15畑が反応しますが、得点にはなりません。その後も前線でボールをカットし、チャンスを多く生み出しますが得点には結びつきません。6分にも#10岡部のドリブルからサークル内に侵入しますが、打ち込んだボールは枠外になってしまいます。その後も攻め続けるも、得点は生まれず第1Q終了。

第2Q

変わらず横市優位で試合が進みます。そして2分、#14高見、#15畑が持ち込んだボールを#3池原が押し込み得点(1-0)。4分には、#6竹田がカットしたボールをそのまま持ち込みヒットを放つも枠外、追加点とはなりません。その後も#6竹田の打ち込みや、#11北村、#2我妻のパスワークで攻め続けるも得点には至らず、点の動かないまま第2Qも終了。

第3Q

序盤、ハイプレスを仕掛けた群馬大に自陣深くでボールを失うも、そこは守備陣でしのぎきります。2分には#4知花がカウンターを仕掛け自陣奥深くからサークル前までドリブルで持ち込みますが、打ち込めず。徐々に群馬大に自陣まで押し込まれることも増えていきます。それに対して横市はDFラインからのカウンターで対応します。そして5分、相手の攻撃を自陣でカットした#4知花がそのまま相手ゴールまで持ち込み、プッシュシュートで得点(2-0)。そのまま、横市は徐々にラインを押し上げ、試合の主導権を取り返します。#3池原や#6竹田のドリブルによってサークル内でチャンスを作るも、得点にはなりません。しかし、10分#10岡部の打ち込みに#25小林が合わせて追加点を得ます(3-0)。その後は得点は無く、第3Q終了。

第4Q

第4Q横市優位のまま試合は進みますが、疲労もありパスワークにもたつきが生じ始めます。それでも2分、この試合初となるPCを獲得、しかしこれは相手DFのカットにより防がれます。その後も#10岡部を起点にパスで相手を揺さぶりますが得点は生まれず、14分に#10岡部がレバースヒットを放つも枠外。終了間際には、#4知花がリスタートから相手サークル内に持ち込みシュートするも相手キーパーの好セーブに阻まれます。そしてそのまま試合終了。

 

皆様の応援もあり、春リーグ初戦で勝利することができ、いいスタートを切ることができました。今大会は交代人数も少なく、よりチーム一丸で挑まなくてはいけない試合でしたが、最後まで全体の声かけやいい雰囲気が途切れることなく試合を運べました。ゴール前でのフィニッシュなど、まだまだ改善点の多いところではありますが、GWの二戦に向けて、改善していきたいところです。2部昇格に向けて練習を重ねて参りますので、今季も応援のほどよろしくお願いします。

 

 

 

男子3部フォトグラフ (八景会)


第四戦5月12日(日)11:20 対成城大学@早稲田東伏見


第二戦4月29日(月)12:00 対筑波大学@大井サブ



第一戦 4月20日(土)11:50 対群馬大学@大井メイン



女子2部戦績                (現役記載)


第五戦5月25日(土)12:00対東京女子大学@東大駒場



第四戦5月11日(土)10:00対津田塾大学@大井サブ


津田塾戦 31勝利

1Q

試合序盤から攻防が続き、2分頃#20吉本がドリブルでサークル内に侵入し、#8小林がPC を獲得します。#4高橋のヒットが通り先制点を獲得しました。その後攻められる展開となり、ゴール付近までボールを通されますが、得点を阻みます。7分頃25yまでボールを運び、何度かサークル内に持ち込みますが得点には繋がりません。8分頃、#20吉本がサークル内にボールを入れ、#24後藤がプッシュでゴールを狙いますが、得点には繋がりません。12分半頃、ドリブルで敵に侵入されますが、カットし得点を阻みます。13分頃、#20吉本がドリブルでボールを運び、サークル内にいた#18村井にパスを出しますが、得点には繋がらず第1Qが終了しました。

 

2Q

相手ボールから始まり、16分半頃、相手にヒットでサークル内に打ち込まれタッチでゴールを狙われますが、GK石黒が得点を阻みます。19分頃#20吉本がドリブルでサークル内まで運び、#13正木がゴールを狙いますが、得点には繋がりません。その後PCを獲得しますが、得点には繋がりません。21分頃#20吉本が再びPCを獲得しますが、得点には繋がりません。攻防が続き、23分頃相手にヒットでサークル内に打ち込まれ、タッチでゴールを狙われますが得点を阻みます。26分頃#9大槻がサークル内にヒットを通すも得点には繋がりません。その後も攻防が続き、両者得点を譲らぬまま第2Qが終了しました。

 

3Q

試合序盤から攻められる展開となり、34分半頃、相手に1得点目を許し、同点となります。36分頃、相手にサークル内に侵入されますが、得点を阻みます。36分半頃、PCを取られてしまいますが、得点を阻みます。攻められる状況が続き、38分半頃、再びPCを取られてしまいますが、得点を阻みます。その後も攻防が続き、40分頃、PCを獲得し、#21石田がパスを出し、#24後藤が押し込んで2得点目を獲得した。42分頃、サークル内へボールの侵入を許し、サークル内にいた選手にゴールを狙われるもGK石黒が得点を阻んだ。攻めの姿勢を築き43分頃、PCを獲得した。#21石田がプッシュでゴールし、3得点目を獲得した。2点リードの状態で第3Q が終了した。

 

4Q

試合序盤から攻防が続き、49分半頃、サークル内に入りますが惜しくも得点には繋がりません。しかしその直後、PCを獲得します。得点には繋がりませんでしたが、再びPCを獲得します。こちらも惜しくも得点には繋がりませんでした。その後何度かサークル内に侵入したものの、得点には繋がりません。その後攻められる展開となり、53分頃PCを取られてしまいますが、得点を阻みます。55分頃#20吉本がドリブルでサークル内に侵入し、PCを獲得しますが、得点には繋がりません。攻防が続き、58分頃#20吉本がドリブルで進み、パスを出し、サークル内までボールがつながりますが得点には繋がりません。59分頃PCを獲得しますが、得点には繋がらず、守り切って最終的に31で試合が終了しました。

 

今回の試合は、入れ替え戦の出場のために絶対に負けられない戦いでした。PCを多く獲得し、3点決めることができ、また守りのPCで無失点に抑えられたことが良かった点だと思います。しかし、攻められたときのディフェンスの薄さが課題として挙がりました。自分たちのプレーを振り返り、課題点を中心に練習をして、次の試合でも勝利したいです。今後も応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 


第三戦5月5日(日)10:00対武蔵大学@大井メイン


武蔵戦 3-0勝利

第1Q

試合序盤から攻めの姿勢を作り、何度もサークル内に侵入しますが、得点には繋がりません。5分頃、#24後藤がスウィープで打ち込もうとしますが得点には繋がりません。11分頃#24後藤がパスを受け取り、ドリブルで進み#20吉本にパスを出します。右からのパスを受けた#20吉本がサークルインし、リバースにより先制点を獲得します。その後攻防が続き、50y付近でカットしあう状況のまま第1Qが終了します。

 

2Q

試合序盤から攻防が続き、17分頃相手にPCを取られます。その後ペナスティーストロークを取られますが、GK石黒の奮闘により無失点で抑えます。その後#24後藤がサークル内までボールを運ぶも得点には繋がりません。20分頃#20吉本がサークル内までボールを運び、PCを獲得しますが、得点には繋がりません。攻防が続き、28分頃リバウンドを#20吉本がヒットし、#24後藤のタッチにより2得点目を獲得しました。終盤、相手に75yまで侵入されますが、カットし、無失点のまま第2Qが終了しました。

 

 

第3Q

攻めの姿勢を作り、31分頃ドリブルとパスで相手のサークル内までボールを運びますが、得点には繋がりません。37分頃相手にドリブルでサークル付近までボールを運ばれますが、#21石田がカットします。その後#20吉本にパスを出し、#20吉本は敵を抜きドリブルしサークル付近まで近づきますが得点には繋がりません。その後も攻防が続き、試合終了間際、#20吉本がサークル内に打ち込んだヒットを#18村井が取り、PCを獲得します。しかし、惜しくも得点には繋がらず第3Qが終了しました。

 

第4Q

相手ボールから始まり攻防が続き、49分頃PCを取られますが得点を阻みます。その後何度も25y付近まで展開しますが、得点には繋がりません。53分頃右からのパスを受けた#20吉本がサークル内に入り、ヒットで3得点目を獲得しました。58分頃、ヒットでボールを中に通されてしまい、ドリブルでサークル内に侵入を許し、PCを取られますが得点を阻みます。その後連続で2PCを取られましたが、得点を阻み、最終的に3-0で試合が終了しました。

 

 

今試合が春リーグ初勝利となりました。今回の試合がデビューとなる新入生もおり、フルメンバーで出場することができました。全体的に攻めることができたものの、パスやトラップなど基本的なプレーや意図を持ったプレーをするということが課題として挙がりました。また、PCを何度か獲得しましたが得点には繋がらなかったのでこうした場面で確実に決められるようにしていきたいです。次戦でも無失点で勝利できるよう今回の試合の反省を生かして練習に励みます。今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。


第二戦4月28日(日)11:20対学習院大学@早稲田東伏見


学習院戦 0-1敗戦

 

第1Q

試合序盤から攻めの姿勢を作り、2分頃、#20 吉本がPC 獲得するも得点には繋がりません。4分半頃#21 石田がサークル内にボールを入れ、#20 吉本がヒットでゴールを狙いますが惜しくも得点には繋がりません。その後もサークル内までボールが繋がり、ゴールを狙いますが

得点することができず1Qが終了しました。

 

第2Q

試合序盤から攻防が続き、17分半頃#20 吉本がドリブルでサークル内まで運び、ゴールを狙いますが得点には繋がりません。20分頃、相手にサークル付近までドリブルで攻められますが、カットします。その後、攻めの姿勢を築きますが、得点に繋がりません。28分頃#20 吉本がドリブルで25y内まで運びますが、カットされてしまいます。無得点のまま第2Qが終了しました。

 

第3Q

相手ボールから始まり、相手に攻められる展開となります。31分頃PCを取られますが、得点を阻みます。32分頃再びPCを取られ、ペナスティコーナーにより先制点を許します。35分頃#20 吉本がゴールを狙いヒットを打つも得点にはつながりません。40分頃相手にドリブルでサークルに侵入され、ヒットで打ち込まれますが、得点を阻みます。その後も何度かサークル内に侵入しますが得点にはつながらず第3Q が終了しました。

 

第4Q

試合序盤から攻めの姿勢を作り、47分頃#20吉本がPCを獲得しますが、得点にはつながりません。23分頃PCを取られますが、得点を阻みます。その後も攻防が続き、58分頃#21石田がPCを獲得しますが、得点にはつながりません。58分頃相手にドリブルでサークル内に侵入されますが得点を阻みます。その後、パスで前へボールを繋ぎサークル内に入りゴールを狙いますが得点にはつながらず、試合終了となりました。

 

 

今回の試合では、攻めの姿勢を保てたものの、なかなか最後の得点につなげることができませんでした。ディフェンスの戻りと最後の得点力が課題となりました。自分たちのプレーを分析して戦略を練り、次の試合につなげたいと思います。今後も応援のほどよろしくお願いいたします。


第一戦4月14日(日)10:00対上智大学@大井サブ


上智戦1-2敗戦

第1Q パスのミスから始まり、相手に攻められる状況が続き何度かサークル内への侵入を許しますが、無失点のまま押さえます。9分頃#21石田がパスカットから#20吉本にパスをつなげ、#20吉本はゴール付近までドリブルでボールを運びますが、得点にはつながりません。その後、相手のドリブルでサークル付近までボールを運ばれますが、#20石田のディフェンスによりカットし、さらに#13正木までパスがつながりますが、カットされてしまいます。15分頃#9大朝のカットからのドリブル、そして#24後藤へのパスにより再びサークル付近まで近づきますが、惜しくも得点にはつながりません。両者得点に至らぬまま1Qが終了しました。

第2Q 試合序盤から攻められる展開となり、17分頃、相手のアシストにより先制点を許します。その後攻めの姿勢となり、何度かサークル内に侵入します。20分頃、PCを獲得しましたが、惜しくも得点には至りません。23分頃、相手のドリブルによりサークル内に侵入されますが、得点を阻みます。26分半頃、#20吉本がドリブルでサークル内に侵入しますが得点にはつながりません。27分半頃相手にドリブルでサークル内に侵入され、ヒットにより得点を許します。その後、攻めの姿勢に入り、何度かサークル内にヒットを打ち込みますが、得点にはつながらないまま2Qが終了しました。

第3Q 相手ボールから始まり、攻防が続きます。36分頃、PCを取られますが、得点を阻みます。38分半頃2度目のPCを取られますが、得点を阻みました。その後も攻められる展開が続き、何度かサークル内に侵入されますが、失点は押さえました。無得点のまま3Qが終了しました。

第4Q 序盤から攻めの姿勢に入り、45分半頃#20吉本がPCを獲得しますが、得点にはつながりません。攻防が続き、48分半頃PCを取られますが、得点を阻みます。クリアボールを#20吉本がドリブルでサークル内まで運びますが、惜しくも得点にはつながりません。55分頃、相手のドリブルでサークル内に侵入されますがGK石黒の飛び出しのクリアにより、得点を阻みます。その後も攻防を繰り返しながら攻めの姿勢に持っていき、59分頃PCを獲得、#20吉本のアシストで#24後藤がシュートし得点を獲得し、試合が終了しました。 今回の試合は春リーグの第一戦で、新チームとなって初めての公式試合でした。人数不利の中、何度もサークル付近まで近づいたものの、なかなか最後の得点につなげることができませんでした。また、DFの戻りが課題だと感じました。次戦では無失点で勝利できるよう紺試合の反省を生かして練習に励みます。今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。


女子2部フォトグラフ (八景会)


第四戦5月11日(土)10:00対津田塾大学@大井サブ



第二戦4月28日(日)11:20対学習院大学@早稲田東伏見



第一戦4月14日(日)10:00対上智大学@大井サブ